座の生活スタイルに合わせて

床や畳に座る暮らしは、日本人独特のリラックススタイルです。最近は「あぐら」をかくのが苦手な人も多いなか、伝統の「低く暮らす快適さ」を、もっと楽にできないだろうか――星亀椅子工房とデザイナー・野崎 雄太氏が、「床に座る」ことに向き合い、作り上げた木製座椅子が「あぐらいす」です。

イメージしたのは、「座りやすくて寛げる、木のフレームが付いた座布団」。座布団のように手軽に持ち運ぶことができ、好きな場所に置いて座れる。そんな使い方を思い描いて、考え尽くされたデザインが特徴です。

  • あぐらいすのコンセプトをみる
  • あぐらいすの製品情報をみる

昭和37年創業以来
手作りの木製椅子を製作

昭和37年の創業以来、星亀椅子工房は、様々な椅子作りのご要望にお応えしてまいりました。現在も、これまでの経験も活かし、いかに座りやすく、心地良く、疲れにくく、日常生活と一体化した椅子をご提供できるかを追求しています。

当サイトでご紹介している「あぐらいす」は、星亀椅子工房の代表作であり、日常のあらゆるシーンに自信を持っておすすめできる木製座椅子です。座る人がリラックスできるのはもちろん、お部屋の雰囲気にもフィットする――そんな「ちょうどいい」を目指し、デザイン性と機能性を両立した座椅子を目指して生まれた商品です。

星亀椅子工房について

「あぐらいす」でしか
味わえない体験
木のぬくもり 手触り 薫り

星亀椅子工房の木製座椅子「あぐらいす」は、お尻の位置を自由に変えることができるため、長時間でもゆったりと座ることができます。また、座布団のように簡単に持ち運ぶことができるため、どこにでもお好みの場所に置くことができます。

木製の脚部の形は畳ずりになっており、畳を傷つけないよう配慮されていますので、和室でも安心してお使いいただけます。和室にもフローリングのお部屋にも合う、シンプルなデザインが特徴です。

あぐらいすギャラリー

お客様・デザイナー・職人から見たあぐらいす